プラスチック製容器包装のリサイクル

我々の身近に沢山あるプラスチック製容器包装は、毎日大量にリサイクルされています。
多くの人が毎日触れ合う機会が多いと思いますが、これらは一体何にリサイクルされていくのでしょうか?

まず、家庭で分別されて資源ゴミとして出されたプラスチック製容器包装は、市町村が回収・分別して圧縮されます。
圧縮されたものがリサイクル業者に運ばれていき、新しい商品へと生まれ変わります。
リサイクル業者では、まずバラバラになったプラスチック製容器物から、更に手作業で異物を取り出されます。
ここで取り出された異物も、それぞれに適したリサイクルが施されるので、ゴミはほぼ出ません。
徹底的に選別されていき、どんどん細かくなったプラスチック製容器物は粒状に加工されます。

先ほど作った粒状の原料を一度溶かし加工することで、リサイクルが行なわれていきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る