容器包装ゴミが生まれ変わるまで

ゴミとして回収された容器包装ゴミ、主にガラス瓶やペットボトル等、一体どういった流れでリサイクルされるのでしょうか?
特にペットボトルなんかは非常に身近な物ですが、何にリサイクルされているかと聞かれると答えられる人は少ないと思います。
今回はこれらのゴミが回収された後、一体どういう流れで生まれ変わっていくのかをご紹介致します。

家電回収
私たちの身近なゴミである紙製容器包装は、実は段ボールとしてリサイクルされています。
資源ゴミとして出されたこれらのゴミは、市町村が収集してリサイクル業者に送られた後、更に分別されてから製紙会社へと持ち込まれます。
製紙会社で集められた物が溶かされ、ゴミや異物を取り除いてから段ボール等の原料になる原紙が作られます。
その原紙は次に、段ボールを作る業者へと運ばれていき、段ボールへと生まれ変わるのです。
リサイクルされた元紙製容器包装は、段ボールの中芯に使われる事が多いです。

このように、紙製容器包装の90%は段ボールを始めとした紙製品に生まれ変わります。
他にも石炭等の変わりになる固形燃料として生まれ変わったり、家畜用敷料としても生まれ変わります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る