レジ袋の収納方法とは?

レジ袋と言えば、水っぽい物や匂いのある物とかはレジ袋に入れて縛ってしまえば水分も匂いも外にもれなかったり、物を小分けしたい時等にとても便利ですよね。そこで、今回はレジ袋を収納する入れ物の作成方法をご紹介しています。

準備するものは、空のティシューボックス、しっかりとした大きめの袋、両面テープ、カッター、ハサミだそうです。

大きめの袋の底を12センチ程切り、ティシューボックスの裏側をのりしろ部分を残してカットし、のりしろ部分の内側に両面テープで貼り付け、箱の外側の長い面にも両面テープを貼り、袋の中へ箱を入れてくっつけます。袋にレジ袋をたくさん入れ、袋の下の取り出し口からレジ袋を引っ張り出すだけです。
結んだ袋は引っかかって出しづらく、畳まない袋は他の袋を巻き込みやすくなるので、三角に折って入れるのがベストですので、レジ袋の大きさによっては大中小3つくらい作ってみると良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る