知っておくべき、不法投棄の現実とは

テレビが地デジ化したことに伴い、薄型に買い換えたという方も多いかもしれませんが、まだまだ大事にブラウン管を使用しているというご家庭もいるのではないでしょうか。

テレビなどの粗大ごみを捨てる方法が分からないという方は、悪徳業者を利用せず、それぞれの自治体に応じた適切な方法で処分するようにしましょう。

ブラウン管のテレビには、基盤やコードなどに金属が使われているため、お金になる金属部分のみ取り出して、鉛が含まれている部分を投棄する業者もいるのです。

悪徳業者に依頼すると、テレビが不法投棄されてしまい、環境を悪化させることになりますし、自治体が税金で処分のお金を払うことになりますので、リサイクル量を払ってでも自分自身で処分し、一台でも不法投棄される不用品を減らすことが大切なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る