処分するのが苦手でも始めやすい道具

片付けをしたいけど、捨てたりするのが苦手で中々手が付かないという方は多くいらっしゃいます。
そこで今回は、本当に捨てるべきものを見極めるにはどうすれば良いのかをご紹介致します。

一言でいうと、元々その物に求められていた役割を既に果たせなくなったものを排除する、ということになります。
簡単に判断しやすいもので例を挙げると、ペンなら書くことが目的の物ですから、既にインクが無くなってかけなくなってしまったりする物は残しておかずに捨てるということです。

インクが出ていてもかすれていたり、何となくもう少しで書けなくなりそうという物に関しても捨てるようにしてください。
特にこのような筆記用具は結構溜まりやすい小物ですし始めてでもやりやすいので、まず悩んだら筆記用具から整理してみることをおすすめします。

他にも食品やライター、輪ゴムなどがやりやすいので、こうしたやりやすい物から始めて見ましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る