コーヒーカスのリサイクル方法

コーヒーをドリップ後のカスは、そのまま処分するのではなく、再利用することで生活に役立てることができます。

靴の臭いが気になる場合に、天日干しにして乾かしておいたコーヒーのカスを布に包んで、気になる靴の中に3時間入れておけば、どんな生物兵器という名のキツイ臭いも脱臭してくれるでしょう。

しっとりしているカスは活性炭の5倍の脱臭能力になりますし、乾燥させたカスでは活性炭の2倍の脱臭能力を発揮しています。

靴磨きにも効果があり、水気を絞ったカスをガーゼや布に包んで磨くだけで、ワックス代わりになり、綺麗にツヤが出せます。

油汚れのひどい料理機材にも使えて、ギトギトの油汚れの中にコーヒーのカスを入れてスポンジで軽くこすると、カスには油吸着効果があるのでサラサラで綺麗になり、油を流さなくて良いので環境にも良いですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る