クローゼットの収納術

クローゼットは家族全員のものを収納することが多く、家の収納スペースの中でも物が溢れやすい場所の一つです。
そこでクローゼットにより効率的に物を収納する為に、クローゼットの収納ゾーンを「上段」「中段」「下段」というように分けて考えるといいでしょう。

分けたらどのゾーンに何を仕舞うかですが、まずは中段のスペースに注目してください。
腰の高さにあたるこのスペースは取り出しがしやすい場所ですので、普段良く使うものを中心に収納します。
例えば端には丈の長いコートをかけて、型くずれが気になるシャツ類や帽子等はぶら下げた布製ブロックに入れるといいでしょう。

続いて下段には先ほど物をかけた下のスペースを有効活用して収納していきます。
それぞれの高さにあった収納ケースを用意し、その中にTシャツやトレーナー等の畳んで収納しておくものを入れておきます。
書籍類等の日用品はキャスター付きパイプラックに収納するようにすれば、掃除をする時にもラクに取り出せて便利です。

最後に上段ですが、このスペースには普段あまり使わないものやシーズンオフの衣類等を布製のボックスやカゴに入れて置いておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る